孫市の街まちづくり
和歌山市駅前【孫市の街】のまちづくりと雑賀衆の取り組みを紹介して行きます
プロフィール

雑賀孫八

  • Author:雑賀孫八
  • 雑賀衆の取り組みと孫市の街まちづくりをレポートします^^

『孫市まつり』公式ホームページ
孫市まつり公式ホームページ

ツイッターやってますよ(^^ゞポリポリ
      雑賀孫八twitter



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「尻啖え孫市」の予告編


「尻啖え孫市」の予告編です。




特報「尻啖え孫市」
スポンサーサイト
歴史街道4月号「雑賀孫一特集号」好評発売中!
歴史街道4月号「雑賀孫一特集号」好評発売中!

20140306-r01.jpg

雑賀孫一と雑賀衆の事がいっぱいです!!

201404oota
雑賀衆研究の第一人者和歌山市立博物館総括学芸員太田宏一氏


201404kousaka
「海の伽耶琴 雑賀鉄砲衆がゆく」の小説家神坂次郎氏


201404suzuki
「戦国鉄砲・傭兵隊―天下人に逆らった紀州雑賀衆」の歴史研究家鈴木眞哉氏

雑賀衆研究に欠かせない3氏もバッチリ寄稿されています。

20140306-r03_y.jpg
    2014年3月6日読売新聞段広告

P68P69
そうそう・・・孫市まつりも私も掲載されています。見開き2ページです。

ぜひ是非お読みくださいませ(*^o^*)/

歴史街道 2014年4月号 http://www.php.co.jp/magazine/rekishikaido/

高校生演歌歌手「カレン」ちゃん
6/24、孫市城に高校生演歌歌手「カレン」ちゃんが
急遽「大阪恋うた」のPRに来てくれました!

雑賀鉢がよく似合っていましたよ!

20110624-kren03.jpg

20110624-kren01.jpg

20110624-kren02.jpg

これは、一つ前のブログ「孫市城に40人」の鷺森別院での説明が
終わって、さあ・・・甲冑を脱ごうとしておいた時に
急遽、来店が決まったのですよ(^^ゞポリポリ

('-'*)ヨロシク♪

漫画「戦国八咫烏」原画展&サイン会(延期お知らせ)
お知らせです!
(株)小学館さん、JR西日本和歌山支社さん、(社)和歌山県観光連盟さん
主催による戦国八咫烏のサイン会&原画展が延期となりました。
以下、主催者よりの延期のお知らせをそのまま紹介します。

☆ 

【3月26日(土)小林裕和先生サイン会&複製原画展 延期についてのお知らせ】

東北地方太平洋沖地震による影響を考慮し、
3/26に予定されておりました小林裕和先生サイン会及び、
3/26~4/10に予定されておりました「戦国八咫烏」複製原画を、
延期させて頂く事となりました。
今後の開催時期につきましては、改めて本ページまたは少年サンデーにて
お知らせさせていただきます。
ご理解を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

なお3/26開催のサイン会整理券を既に受け取られ、参加を予定されていた
お客様には、整理券と引き換えにて、直筆サイン色紙及びサイン本を
ご用意させて頂きます。

下記店舗までお問い合わせ頂けますよう、よろしくお願い致します。
※WAY和歌山ミオ店:http://www.wakayama- mio.co.jp/shop.php?shop=412



ということです。
孫市の会としても協力させていただいていたので残念です。
延期ということなので、また機会があると思いますので
その時は、真っ先にお知らせしたいと思います。
よろしくお願いします。

(2011.3.16 21:30 追記)

-------------------------------- --------------------------------

孫市まつり(3/27)開催に連動企画としてJR和歌山駅で
少年サンデー連載中の漫画「戦国八咫烏」の原画展&サイン会が
行われることになりました(^^)v(^^)v

20110130-01.jpg
1月30日名古屋 小学館のワールドホビーフェアでの小林裕和先生
左に貼ってある雑賀衆背旗は、豊橋在住のN会員よりの差し入れでした(^^)v

20110130-02.jpg
1月30日名古屋 小学館のワールドホビーフェアでのサイン会の模様①

20110130-03.jpg
1月30日名古屋 小学館のワールドホビーフェアでのサイン会の模様②

<原画展>
期 間:平成23年3月26日(土)~4月10日(日)
場 所:JR和歌山駅コンコース(レイアウトは別紙のとおり)

<サイン会>
日 時:平成23年3月26日(土)13時~17時(or18時)
場 所:WAY和歌山ミオ店(和歌山ミオ4F)
内 容:作者・小林裕和氏によるサイン会
    雑賀衆甲冑隊・孫市の会も協力します!

◆主催:(社)和歌山県観光連盟、小学館、JR西日本和歌山支社
◆協力:WAY和歌山ミオ店、孫市の会

紀州雑賀「孫市城」では、少年サンデー「戦国八咫烏」を応援する
取り組みとして「戦国八咫烏」缶バッチを作成しました。
  http://magoichi.or.tv/badge/sengoku.htm

('-'*)ヨロシク♪

「復活する雑賀衆」
いま一番気に入っている動画があります。
これは、もともと予告編でしたが、予告編というのは、
まことにもったいないです。いやミニドキュメンタリーの力があります。

ということで・・・

雑賀衆の謎に迫る!「復活する雑賀衆」というタイトルで
再アップしています。

是非見てください~♪




説明文より・・・

太田城水攻めを切り口に雑賀衆の謎に迫る・・・第六回孫市まつりを
取り組む雑賀衆メンバーの奮闘を中野氏&安藤氏の手により
コンパクトにまとめられた短いドキュメンタリーです。

THE BEATの2つの曲がナイスに流れます。
信長に対する雑賀孫市の魂の思い・・・火縄銃の轟音が響く。

当日メイン司会は七海薫子さんでした。野外劇にも出演してくださいました。
感動の孫市まつりを思い起こして、もう一度是非見てください(*^o^*)/ 

構成:中野広之 監督:安藤匡史 著作:和歌山大学紀州経済史文化史研究所 
音楽:ザ・ビート
●孫市まつり公式サイト
 http://magoichi.fc2web.com/
街道てくてく旅
5月24日は、街道てくてく旅に出演しました。
午前6時からリハーサルを重ねて生本番を向けました。

テレビで拝見しているようにてくてく旅人「森上亜希子」さんは、
気さくで素敵な方でした。

この日は、火縄銃の演武許可まで取れないので
模擬火縄銃(おもちゃ)で模擬鉄砲演武を
行いました。




これは、あくまで本物でなくおもちゃです。
本物の火縄銃の迫力は、こんなもんでありません。
そこんとこ・・・よろしくお願いしますね(^^ゞポリポリ


放送終了時に、撮ってもらった集合写真です(^^)v(^^)v

DSCF4498.jpg
   旅人「森上亜希子」さん、MCの「寺村由紀」さんと雑賀衆参加メンバー

春編のゴールは、本宮大社ですね。
八咫烏つながりで雑賀衆とも関係ある本宮がゴールなら・・・(゚▽゚*)ニパッ♪
ゴールは、感動的だろうなぁ・・・

がんばれ!!森上亜希子さんv(°∇^*)⌒☆ぶいぶいィ~♪




雑賀崎ロケハン~♪
28日、ロケハンに来たついでに
七海薫子さんと安藤匡史さんが寄ってくれました(*^o^*)/
安藤さんは、今年の孫市まつりに参加してくれました。

20091028-01.jpg
       (七海薫子さん・安藤匡史さんと)

お二人は、
新作 時代劇『見習い同心安藤源四郎』 の主演をされています。

『見習い同心安藤源四郎』 (安藤匡史ブログより)
http://n180sx.seesaa.net/article/125955118.html

『見習い同心 安藤源四郎』監督から挨拶 (リポーター最強伝説!!☆七海薫子☆より)
http://blog.auone.jp/nanamikaoruko/?p=0&disp=entd_p&EP=34113183

minaraidoushin.jpg

七海薫子さんの和歌山の海への感想を紹介します。
「雑賀崎・和歌の浦海岸」(ブログ七海薫子『里帰り』より)
http://blog.livedoor.jp/nanamikaoruko/archives/51243387.html

今後もお二人のご活躍を期待します(^0^)/

○安藤匡史ブログ
 http://n180sx.seesaa.net/

○七海薫子『里帰り』
 http://blog.livedoor.jp/nanamikaoruko/

○リポーター最強伝説!!☆七海薫子☆
 http://blog.auone.jp/nanamikaoruko/



七海薫子さんの撮影日記を紹介します。
         (「リポーター最強伝説!!☆七海薫子☆」より)

・時代劇・第一話撮影終了(見習い同心 『安藤源四郎』 七海薫子ベストショット)
 http://blog.auone.jp/nanamikaoruko/?p=0&disp=entd_p&EP=33769011

・インターネット界 世界初・本格時代劇
 http://blog.auone.jp/nanamikaoruko/?p=0&disp=entd_p&EP=33867136

・時代劇 過去に例のない小道具
 http://blog.auone.jp/nanamikaoruko/?p=0&disp=entd_p&EP=34186831


島根県松江市の雑賀町から雑賀の故郷へ
島根県松江市からの観光客さんが見学に~♪

25日午後からは、島根県松江市からの30名ほどのみなさんが
一階の孫市の会甲冑・模擬火縄手作り作業場を見学にお見えになりました。

当初午後4時ごろと聞いていたので作業場風を展示場風に
変える時間があると思っていたのですが、2時半との連絡!

1時半ごろに甲冑を脱いでまもなく・・(^^ゞポリポリ
一階を急ぎ整理展示して、再び甲冑を着ることにしました。

20080925b-04.jpg

多分午前中着る用事なかったら着なかったと思う。
さっきまで着ていたのでここは、松江市の方を
甲冑姿でお出迎えしようと・・がんばったのでした。
鎧下も新たに控えのもう一着を着て出陣です(^^ゞポリポリ

20080925b-07.jpg

弾正さんと若太夫さんが島根より見学に来る方々が
あると知り、展示用に置いて行ってくれました。

20080925b-01.jpg
20080925b-02.jpg

30人入ると狭いので時計周りの順路で見てもらいました。
ほかの甲冑や兜は、教室開催のために片付けています。

20080925b-05.jpg
全て出すのは、大変なので手作り雑賀鉢の製作進化過程を並べました。
といっても3個目から4個目の間が飛びすぎですね(^^ゞポリポリ

20080925b-06.jpg
FRP製の雑賀鉢は、今回一つだけ出して来て並べました。
その向こうは、作りかけの模擬火縄の部品です。

20080925b-08.jpg
出来さんの侍筒・・今回本物はこれだけでした。
本物の重さを体感してもらいました。

20080925b-03.jpg
最後にみんなで記念撮影を撮りました。
これを機会に島根県松江市に移った雑賀衆のことを
もっと知っておかなければ・・・と思いました(^^ゞポリポリ


雑賀衆ゆかりの地マップが新しくなりました(^^)v
雑賀衆ゆかりの地マップが新しくなりました(^^)v

 
   ↑ 新しく完成したマップです ↑

もともとは、南海電鉄和歌山支社の橋本部長(当時)や赤井さんのご尽力で
2005年9月に手作りで「雑賀衆ゆかりの地マップ」が出来ました。
9月20日の朝日新聞和歌山版でも紹介されています。

元祖-雑賀衆ゆかりの地マップ 
      ↑ 2005年作成のマップ ↑
雑賀衆ゆかりの地、マップで紹介(朝日新聞和歌山版2005.9.20)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~sans-culotte/topics050920-5.html

これを元に今回改めて雑賀衆ゆかりの地へ足を運ぶとともに
デザインを本格的にしてもらい一新しました。
このマップが、新たな雑賀孫市や雑賀衆への興味を生み
和歌山の観光振興に寄与すればと思います。
よろしくお願いします。


和歌山ものしり講座「雑賀衆と和歌山」ゆかりの地散策(2)
弥勒寺山を後にしてバスは、専光寺へ向かいました。
専光寺は、鷺森別院近くにある小さなお寺ですが、雑賀孫市が
血のついた槍を洗った手水鉢があることで有名です。

太田さんの説明が終わった後に「雑賀孫市血槍洗い手水鉢」で
槍を構えると何人かの参加者は、写真を撮ったり、また僕の横に
立って写真に収まったりしていました。


寺伝によるとここの住職中嶋孫太郎は、鈴木孫一の兄といわれています。
その活躍をしのばせる下間正秀書状が紹介されました。             
あて名の中嶋孫太郎は、専光寺第二代順勝です。
初代は女性だったそうです。
彼は天正四年(一五七六)天王寺方面で織田信長軍との激戦が
あったとき、今宮付近で一番槍として活躍した。
本書状ではその功労をたたえているそうです。



専光寺の後は、鷺森別院に移って昼食でした。
お弁当は、孫市鍋で有名な割烹船瀬さんが、孫市鍋のお弁当版として
孫市弁当を用意してくれました。
これが、当日の一番の目玉だったかもしれませんo(*^▽^*)o~♪
鯛飯に地のものを活かした豪華満点のお弁当でした(^^)v(^^)v


食事休憩の後、再開に際して孫市の会ですこし時間いただきました。
まず、孫市の会の理事で沙也可に関して自費出版された辻専務より
本の紹介がありました。私も山下会長(本名と一字違い)として登場します。

そして、私の方から孫市の会の案内をしました。
孫市の会は、「雑賀孫市は和歌山の宝」を合言葉に和歌山市を元気にしようと活動しています。春には、鷺森別院で孫市まつりをすることなど説明しました。どんな会員さんが居るかという説明で孫市鍋と孫市弁当についても触れ、弁当を用意してくれた割烹のお店なども会員さんであることなど紹介しました。

お昼の休憩も終わっていよいよ午後の部です。
参加者は、本堂にあがりました。
 

本堂では、まずお寺さんより花田さんから鷺森別院の今日までの
あゆみについてお話がありました。つづいて、太田さんより蓮如
上人の時代に真宗が飛躍的に広まった経緯の話がありました。

本堂の中は、襖など立派でした。
入り口の和歌山弁を撮影(^^ゞポリポリ

鷺森御坊(当時は雑賀御坊とも呼ばれた)現在の鷺森別院は、天正8年(1580)
4月9日に鷺森に移ってから天正11年(1583)7月、顕如上人が貝塚に移るまでの
3年余、真宗の総本山であった。


最後に、雑賀鉢発祥の地~宇治の交差点付近へ行きました。
雑賀鉢の説明に僕の兜を使ってくれました。
兜の後ろの説明の際には、みなさんに背を向けて
雑賀鉢の背面を見てもらいました(^^ゞポリポリ

「南海和歌山市駅を降り立ち、北東の方へ歩いていくと、
 ほどなく宇治の交差点に出る。車の通行量が多い一般的な
 交差点であるが、戦国末期には商工業の発達した町であった
 と思われる。「市」すなわち市場があり、交易の場として
 大勢の人々で賑わっていただろう。甲冑武具なども製作
 されており、兜は後に「雑賀鉢」と呼ばれた。雑賀衆は
 これを着用して信長らと戦ったといわれている。」

当時は、三日市、六日市が開かれ、この辺りで月6回の市が開かれていました。
ここから南海和歌山市駅まで歩いて2・3分。
駅で解散して参加者とお別れしました。

『雑賀衆と和歌山』とゆかりの地の散策
城フェスタ事業~和歌山ものしり講座受講者募集
テーマ「『雑賀衆と和歌山』とゆかりの地の散策


内容  市立博物館で,講義「雑賀衆と和歌山」を受講のあと,バスで雑賀衆
     ゆかりの地(本願寺鷺森別院,弥勒寺山城跡等)を散策します。 
 (予定コース)
       和歌山市立博物館→弥勒寺山城跡→専光寺→
       →本願寺鷺森別院(昼食)→雑賀鉢発祥の地
主 催:城フェスタ実行委員会、孫市の会

1 日  時     11月3日(金・祝)9時30分~14時30分ころ
2 集合場所・時間 和歌山市立博物館前に午前9時15分
3 講  師     和歌山市立博物館長 寺西貞弘氏
  添乗講師     和歌山市立博物館学芸員 太田宏一氏
4 定  員     40人
5 参加費      1,000円(弁当代含む)
6 申込方法 
    10月16日(月)(消印有効)までに,往復ハガキで,
    往信用・返信用欄に次の事項を記入の上,郵送してください。
  ① 往信用/申込者の住所,氏名,年齢,電話番号,和歌山ものしり講座
    「『雑賀衆と和歌山』とゆかりの地の散策」受講希望
  ② 返信用宛名面/申込者の郵便番号・住所・氏名

7 注意事項
    申込者多数の場合,抽選となります。
    受講の可否等は,後日お知らせ。
    講座当日は、歩きやすい服装・靴でお越しください。
    申込は、1枚につき2人まで

今後も和歌山に関する講座を開催しますので,お楽しみに!
 
宛先及び問い合わせ先
 〒640―8511
 和歌山市七番丁23番地 和歌山市役所観光課内 城フェスタ実行委員会事務局 
 ℡073(435)1234
ウォーキングで街なか再発見


27日付けのニュース和歌山一面に「ウォーキングで街なか再発見」が載りました。
「雑賀孫市にちなんだ場所を巡る団体もある」と孫市の会の活動も紹介されています。

さらに、雑賀孫市のウォークを企画したのは、和歌山市駅周辺を「孫市の街」と
アピールしている「孫市の会」(森下幸生会長)。昨年11月、参加者は信長との
合戦の際に孫市が血のついた槍を洗ったと言われる手水鉢が残る専光寺、
雑賀鉢と呼ばれる兜を作っていた宇治界隈など市駅周辺を巡った。

今年は11月3日にバスを利用し、本願寺の本拠があった弥勒寺山(現・秋葉山)
と市駅周辺を巡る計画だ。
このほか、南海電鉄が新和歌浦や和歌山城界隈をテーマにウォークを計画している。
札幌からのお客さん(^^)


お客さんがチェックアウトする際に
雑賀衆の古戦場のことを聞いた。
うん?
ごく普通のお客さんだと思っていたけど(^^ゞポリポリ

それで孫市の会で作成した雑賀衆ゆかりの地マップを
あげて説明しました。
どうやら全国の城や城跡を周っているらしい~♪
和歌山では、和歌山城もあるけど雑賀衆だという。。。

(⌒ー⌒) ニヤリ
それならばと・・一階の空き店舗に並べている
手作り甲冑など雑賀衆ブースに案内しました。
そしたら結構大喜びでした(^^)v(^^)v

それで写真を撮らせてもらいました。
ホームページにも使うかもしれないこともお断りして・・
それが、この写真です。
もっとこういう人、増えたらいいのになぁ~o(*^▽^*)o~♪
孫市は和歌山の宝~♪
今年の年頭にあたり孫市の会の活動についての抱負を
ニュース和歌山さんに聞かれました。
本日14日付けで掲載されました。

南海電鉄和歌山支社の赤井さんや
ミュージシャンの岡村さんのコメントも載っています。
よろしくで~す(*^o^*)/




     上部、中部、下部それぞれ拡大してお読みください~♪

孫市の街ウォーキング続報!
孫市の街ウォーキングの写真、新たに入りましたので紹介します(^0^)/


         雑賀鉢発祥の地で


         孫市の血槍洗い手水鉢(専光寺)で





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。