孫市の街まちづくり
和歌山市駅前【孫市の街】のまちづくりと雑賀衆の取り組みを紹介して行きます
プロフィール

雑賀孫八

  • Author:雑賀孫八
  • 雑賀衆の取り組みと孫市の街まちづくりをレポートします^^

『孫市まつり』公式ホームページ
孫市まつり公式ホームページ

ツイッターやってますよ(^^ゞポリポリ
      雑賀孫八twitter



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



信長と雑賀衆
雑賀衆の活躍した時期は、ほんの数十年で戦国後期~天正13年
までである。「紀州雑賀衆鈴木一族」の著者鈴木真哉氏は、その
あとがきで次のように書いています。
「彼らの活動した期間は、戦国後期の数十年に限られ、
 まさに光芒一閃、という感じで消え去ってしまうが、
 その印象はきわめて強烈である。」

雑賀鉢の製造時期をある甲冑仲間の方に質問されて
最近あらためて雑賀鉢の論文などを読み返しました。
すると、信長と雑賀衆の趨勢がよく似ていることに
気が付いたのです。

1.まず、誕生!
1534年(天文3年)信長は、尾張の勝幡城に生まれています。
同時期、雑賀衆も生まれています。つまり紀伊に惣国一揆が
成立しています。

(1534)信長、織田信秀の嫡子として生まれる。
9義晴、近江より入京 *この年、紀伊に惣国一揆成立。
http://www.chikuyusha.jp/NENPYOU/muromatikamakura.html

上のホームページの年表では、1534年(天文3年)だが
惣国一揆の成立を1536年(天文5年)と見る専門家が多い。
それは、天文日記に「惣国談合を以て涯分馳走すべき由」と
本願寺からの出兵要請に対し、雑賀惣国は談合して相応の
出兵すると回答している記載が見つかっているからです。

だから誕生年は、同じ年か二年後になる。

2.歴史の表舞台に立つ!
1560年(永録3年)に信長は、桶狭間の戦で今川義元を破ります。
以後の鬼神がごとき活躍は、誰もが知るとおりです。

一方、二年後雑賀衆は、雑賀五組の態を現在に証明する湯河氏
との起請文を残しています。1562年(永録5年)のことです。
いわゆる永禄五年の雑賀衆の起請文です。後の信長の紀州侵攻
時には、雑賀五組が分裂していましたが、この時の雑賀衆が、
一番まとまりがあったのかもしれません。

3.そして滅亡!
1582年(天正10年)6月2日信長は、明智光秀に本能寺を襲われ
自害したのは、有名です。

その三年後の1585年(天正13年)雑賀衆は壊滅しました。
秀吉よる紀州攻めで雑賀一揆は解体されちゃったのでした。

このように信長と雑賀衆はニ三年の誤差で
誕生・発展・消滅と相互に相争うように突き進んでいった。
いかにも戦国のライバルらしい趨勢であった。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichi.blog9.fc2.com/tb.php/121-c51b2244
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)