孫市の街まちづくり
和歌山市駅前【孫市の街】のまちづくりと雑賀衆の取り組みを紹介して行きます
プロフィール

雑賀孫八

  • Author:雑賀孫八
  • 雑賀衆の取り組みと孫市の街まちづくりをレポートします^^

『孫市まつり』公式ホームページ
孫市まつり公式ホームページ

ツイッターやってますよ(^^ゞポリポリ
      雑賀孫八twitter



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和歌山城と夕日
若松さんのことは、和歌山市議会でも話題になっていました。
成功例の参考として視察にも行かれた議員さんもいたようです。
僕も講演テープを聴いてすごいなぁ~って思いました。
若松さんのような発想と行動力で町おこしができればと、思いました。

でも・・悲しいかな凡人の僕には、ありきたりの案しか浮かびません。
一歩ずつ雑賀衆や雑賀孫市の街をアピールしていくしかない・・・
そしてその時々の事柄に乗って連想したことしかできません。

ただ安易に真似だけは、したくない。
若松さんの物語は、若松さんのであり、和歌山には和歌山の
ストーリーがあると思うからです。夕日で町おこしするにも
和歌山独自のストーリーがあると思います。

私どもは、雑賀衆で町おこしをするのですから、どこにも先例は
ありません。自ら切り開いて行くしかないと思います。



9月15日和歌山市議会で、奥山昭博議員が「和歌山城55プラン」
なる提案をしたそうですが、私にはうなずけないです。
そのストーリーが若松さんの焼き直し、若松さんの取り組みを
単に和歌山城に持って来ただけだからです。

奥山議員の提案には、下の2つがあります。
○若者をターゲットにした「ロマン溢れるストーリー」として
 五の付く日に天守閣からカップルで夕日を見ると五年以内に
 結ばれる

○夕日に向かって梅ちくわを食べると幸せになる確率が倍増

これらは、若松さんの「夕焼けソフトクリーム」などに代表される
ヒットストーリーの焼き直しです。
「学生諸君、双海公園にデートスポットができたことを知っていますか。知らない人は遅れいている。東京や大阪では大変有名になっている」とうそをつく。「シーサイド公園でソフトクリームを買って、階段の護岸に座って沈む夕日に向かってお祈りすれば、2人は幸せになれる。」

詳しくは、ネットにも若松さんの講演内容がありましたので読んでください。講演会レポート「若松進一氏」双海町役場地域振興課長
http://www.eco-spo.com/pdf/mana-waka.htm

綺麗な夕日と海しかないシチュエーションで若松さんのストーリーは、成功しました。夕日は、むしろ和歌山城で見るより、雑賀崎で見る方が綺麗だと思います。それに夕日では、雑賀崎でトンガの鼻自然クラブ
さんが、長年がんばっていらっしゃいます。付け焼刃で和歌山城に夕日を持ってくるのは、どうかと思います。

和歌山城には、変な付加価値を付けようとせず王道で進めればいいと思います。まして奥山議員の「名古屋城の向こうをはって伏虎像を金にする」という無謀で無駄なことをしないでもいいと思うのです。

吉宗は質素倹約で、尾張の徳川宗春は派手でした。
だから和歌山城が質素で名古屋城が金の鯱で豪華絢爛で
いいじゃないですか。

和歌山城は、和歌山城らしく質素倹約から発想するアイデアで
和歌山城のストーリーを組み立てて行った方がいいと思うのです。
和歌山城は、市内中心部のどこからでもよく見える和歌山市自慢の
名城です。大坂城のように大きくて街から遊離している雰囲気でなく
街とともに息づく市のシンボルとして貴重なお城です。

秀吉が紀州攻めをして雑賀衆を滅ぼした後に出来た城は、
それ以前の歴史上にも立っています。和歌山城の歴史と
シチュエーションの中から生まれてくるストーリーこそが
和歌山城を活性化させる本当のプランだと思います。

最後に若松さんの言葉を紹介して締めくくりとします。
「町づくりには、3つのキーワードが必要と思っています。1つは楽しいこと。2つ目は新しいこと。3つ目は美しいこと。この3つがあること、物語をつくったところが生き残っていけるのです。」

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichi.blog9.fc2.com/tb.php/55-5bcf7cd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。