孫市の街まちづくり
和歌山市駅前【孫市の街】のまちづくりと雑賀衆の取り組みを紹介して行きます
プロフィール

雑賀孫八

  • Author:雑賀孫八
  • 雑賀衆の取り組みと孫市の街まちづくりをレポートします^^

『孫市まつり』公式ホームページ
孫市まつり公式ホームページ

ツイッターやってますよ(^^ゞポリポリ
      雑賀孫八twitter



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑賀衆と和歌山城
「まず、城より始めよ」と大橋建一和歌山市長は、和歌山城を
中心とする観光振興を切り口に、市の体力づくりを進めること
を提唱しています。

和歌山市のシンボルである和歌山城を中心にした町おこしには、
僕も大いに賛成です。でもこうなると雑賀衆が忘れられがちです。
和歌山城となると天正13年(1585年)に秀吉に雑賀衆が解体された
それ以降のことだと誰も思ってるでしょう。

でも戦国時代に雑賀衆が活躍していた時期があってこそ、後の紀州
徳川御三家の時代があったわけです。歴史は、突如としてその局面
だけ登場するものでなく脈々として流れ続いているものです。

和歌山城の場所は、もともと雑賀衆の時代においても重要な場所
だったはずです。そう思って先日和歌山城郭研究会の白石先生に
質問しました。そしたら、僕よりももっと専門的に質問された方が
いらっしゃったらしく今月号の「紀州古城館情報」(和城研会報)に
その事が載っていました。それでこのブログでも白石先生の説明を
紹介したいとお願いしたところ快く承諾していただきましたので、
以下に紹介いたします。

   ☆       ☆          ☆

岡城は和歌山城の前身か・・・質問に答えて
                      和歌山城郭調査研究会会長 白石博則

 先日会員の方から「県史30和歌山県の歴史」(山川出版)159頁の
戦国時代の雑賀五組関係図にある岡城は和歌山城の前身ですかという
問いがあった。 

 和歌山城天守閣の史料展示コーナーに和歌山城築城以前(天正7年3月
25日)の銘のある遺物(測量のために使う石の分銅だったと思います)
が展示されています。また、築城以前に人がいた(住んでいた)証しとし
ては貝殻などをを捨てた跡(貝塚のようになっていたようです)が天守閣
周辺から確認されています。「お寺でもあったのだろう」と考えられてい
ますが、中世の城であった可能性があります。

残念ながら当時の文献で築城を示した史料はありません。しかし天正13
年3月の史料に「土橋構」「土橋平次城」と出てきます。市立博物館の寺西
貞弘氏はこれは現和歌山城の位置にあったと推定されています(『研究紀
要3号1988年)。

土橋氏は本能寺の変以降鈴木孫市逐電の後に雑賀衆の棟梁になった一族です。
和歌山城の位置は雑賀をおさえるには最適の場所ですから、雑賀一帯に強い
影響力を持ったものしか築城できません。ある時期土橋氏は雑賀衆の中で飛
び抜けて力を持っていたようです。しかし秀吉に攻められた時は城を出て土佐
に逃げています。秀吉はこの土橋城を落城させ、ここを拠点に太田城攻めを
行いました。そして和歌山城の築城に着手したのです。

ちなみに今の和歌山城のある山を天正13年当時「岡山」と呼んでいた史料
(紀州御発向之事)がありますので、「岡山城」と呼ばれていた可能性もあり
ます。

 岡城とは『和歌山市要』によると今の県立博物館の東方或いは南の丘にあっ
たといいます。今の和大の付属小中学校のあるあたりです。これは畠山高政
の城であるといいます。別名奥山城というようです。桐蔭高校の東の坂を「原
見坂」といい畠山さんの伝承があったと記憶しています(「和歌山市の民話」に
載っていたような気がします)。畠山氏がこの辺りに拠点を持っていたのかもし
れません。しかし城にするのなら今の和歌山城の方が標高も高く要害の地です。
雑賀荘一円に睨みを利かすのならこちらが有利です。

また雑賀衆には岡氏という有力な一族がいます。今の岡山丁・岡公園周辺の
地侍ですが、孫市の時代には岡了順という人がいて雑賀衆で重い地位にありま
した。しかし個々の雑賀衆には臨時的なものは別にして山城を築き維持するよ
うな力はないでしょうから、岡氏の持ち城という可能性はないのではと思います。

 以上のようにはっきりした文献史料もなく、遺構も残されていません。しかし
およそ今の和歌山城の前身が岡山城とか岡城と考えてよいのではないでしょうか。
 
   ☆       ☆          ☆


城の形は、ちがってもこういう風に雑賀衆が門を守っていたかもしれませんね(^^ゞポリポリ

このように和歌山城は、孫市以後の雑賀衆のリーダー土橋氏の城であった
可能性が高いと言えるようです。つまり和歌山城は、雑賀衆の城でもあったわけです。
白石先生、どうもありがとうございました。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichi.blog9.fc2.com/tb.php/75-f031752f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。