孫市の街まちづくり
和歌山市駅前【孫市の街】のまちづくりと雑賀衆の取り組みを紹介して行きます
プロフィール

雑賀孫八

  • Author:雑賀孫八
  • 雑賀衆の取り組みと孫市の街まちづくりをレポートします^^

『孫市まつり』公式ホームページ
孫市まつり公式ホームページ

ツイッターやってますよ(^^ゞポリポリ
      雑賀孫八twitter



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社経研「21世紀WAKAYAMA」47号
社経研機関誌47号が11月30日発行されました。
一番興味深く読んだのは、文芸春秋新書編集部次長 和賀正樹氏の
「品格なくして地域なし 和歌山県を伸ばすかもしれない9の僻論」です。

和賀氏による和歌山県を伸ばすご提案は、次の9つです。
 1.和歌山市民憲章の改定を
 2.振興局から県民局へ
 3.景観保存の先進地たれ
 4.県紙の育成を
 5.和歌山駅前に郷土の偉人の銅像を
 6.県内の河川からダムの撤去を
 7.「新宮川水系」の撲滅を
 8.熊野本宮大社の大斎原への遷宮を
 9.県はパーセント法制定の推進を



詳細は、47号を手に取りお読みください。
目下の関心事は、なんと言っても5の「和歌山駅前に郷土の偉人
の銅像を」です。

和賀氏は、銅像の必要性について次のように書いてくれています。
    ☆    ☆    ☆    ☆
 和歌山市はどうか。市駅前も和歌山駅前も、なにもない。
 空虚な広場があるだけだ。南方熊楠、陸奥宗光、野村吉
 三郎の像があっていい。いや時代がかった銅像など不要
 なら、紀の国を象徴する何かがあってほしい。市民には
 郷土の歴史を再認識、外来者には来訪のよすがとなる装
 置である。鹿児島の中・高校生たちは、通学の朝な夕な
 に、先輩たちを仰ぎ、無言のうちに鼓舞されている。

雑賀孫市という名前は、あがっていませんが、
和歌山市駅前に雑賀衆の本拠の街のシンボルとして
是非とも雑賀孫市の像を設置したい。。そう考えています。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichi.blog9.fc2.com/tb.php/83-6f62bb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。