孫市の街まちづくり
和歌山市駅前【孫市の街】のまちづくりと雑賀衆の取り組みを紹介して行きます
プロフィール

雑賀孫八

  • Author:雑賀孫八
  • 雑賀衆の取り組みと孫市の街まちづくりをレポートします^^

『孫市まつり』公式ホームページ
孫市まつり公式ホームページ

ツイッターやってますよ(^^ゞポリポリ
      雑賀孫八twitter



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南都甲冑祭2006


11月5日は、甲援隊さん主催イベントに奈良まで行ってきました。
今回、正倉院展開催のため、交通渋滞が予想されると事前にお知らせを
いただいてました。9時までなら本陣を構えている場所の前まで突入できる
のですが、都合で10時すぎにしか到着しない模様・・駐車場が、昨年一度
停めたことのある場所なので、直接そこへいくことにしました。

東大寺との位置関係は、覚えていたけどカーナビさんが誘導してくれた場所は、
どうも反対に見えていました。方向逆かな?と思いつつ進入したらガードマンに
ここから先は行けないと止められました(滝汗)
どうやら東大寺の裏側に来ていたようでした(^_^;トホホ

戻って通りを一つ変えたいのですが、
ここから渋滞の真っ只中に(→o←)ゞあちゃー 
やっと駐車場にたどり着いて、ここで大部分着替えることにしました。
小具足に兜かぶって陣羽織はおって刀刺して、残りは袋に入れて歩く
妙な姿で東大寺前の通りに入って行きました(^^ゞポリポリ

 

鹿屋さん周辺では、もう何人かの甲冑武者が登場していました。
着替え場所に行くと一海さん横内さん以下みなさん居ました。
着替えの真っ最中でした。
ここまで荷物を持って歩いて来たからか、胴を着けてないのに
汗びっしょり・・しばらくしゃべって汗が引くのを待つ(笑)

さっき見た大角兜の面々を思い出しこれは、みんな派手だと今日は、
陣羽織を着てみることにしました。胴を着けないで簡易スタイル用の
陣羽織(黒潮躍虎太鼓さん団員用)のを鈴木繁友さんに手伝って
もらって初めて甲冑の上に装着完了(^^)v(^^)v

まだ時間あるのでお弁当を先に食べることにしました。
どうせならお天気もいいし公園で甲冑武者たちから少し離れた
屋根のあるところで食べようと思いました。

 
  この外人さんたちは、また別の方々です。「べんとう」さんの時の写真はないですね(^^ゞポリポリ

そちらへ行こうとしたら観光客に捕まりました(^^ゞポリポリ
どうもロシア人らしい言葉・・隣に来た人は、「べんとう」と日本語で言い
僕の弁当を強奪して甲冑姿にお弁当持ちという変なスタイルを強引に
排除して隣で写真に納まっていました(苦笑)

 
                            大きなソロバン数珠の後姿は、大宰少弐さんo(^-^)o
いよいよ行列がはじまりました。
遅れたので諸事情はわからずに居ましたが、どうも昨年とコースが違う?!
僕としては、一度歩いているから、これは、これで楽しめばいいと
前向きに解釈(^^)v

 

某のすぐ後ろに河内守さん、鈴木繁友さん、多気ちゃん・・
そして最後尾が正臣殿でした。すぐ前の背中、大きなソロバン数珠の
後姿は、本多忠勝の甲冑を身に纏う大宰少弐さんでした(^^)v(^^)v

 

信号の変わり目だったので最後尾の正臣さんが一人取り残された。
交差点で信号待ちの間に沢山の鐘を吊るして担いでる
風変わりなお坊さん風の方に出会った。
写真に撮ったら面白いかと一枚撮ろうと近づいたら
シャッター押す瞬間に気づかれました(^^ゞポリポリ
それでこのような出来上がりの写真になりました。

そしたら、その方が
「そちらのような風体の方に撮影されるって反対です。撮りましょうか~」
と言って僕らを撮影してくれました。 それが下の写真です(#^ー゜)v
  

「八幡大菩薩」の旗を先頭に行列は、進んで行きます。
旗持ちは、いつものように采女祐殿です。
 

正倉院の裏のジャリ道を歩いて行くと正倉院展の最後尾の看板が目に
付きました。なんとか行列と最後尾を一緒に納まらないかと2枚撮影。
 

旗持ちの二人は、旗を木の枝に引っ掛けないように懸命に
上を見てますね。お疲れさま(*^o^*)/
もう一人の旗持ちは、玄蕃頭殿でした。

ただ正倉院の裏のジャリ道を歩くと足が痛くなってきた。
エアージョグ地下足袋をチョイスすれば良かったのにと悔やむ・・
・・まあしゃ~ないか(^^ゞポリポリ

行列も終わり頃に若いカップルが近づいて来た。
女の子が行列の前でピースして、それを彼が撮影したいようだった。

 
それを狙ったのだが、少し遅く左の写真になりました。
ふたりは、「今日、最初の写真がこれや!」と大喜びでした(笑)

行列もシメになりました。
一海隊長の号令で、全員で
「えいっ!えいっ!おぉぉぉぉぉ~~~~!」
そして「おのおのの槍働きに任せる!」と自由行動時間になりました(^^)v(^^)v
 

そして、記念撮影をしました(^^)v(^^)v
  

自由時間になって一回目に左の写真の落ち武者の多気ちゃんと
そして二回目に鈴木繁友さん・正臣さんほかとある事を敢行しました(^_^;)
            注)かん‐こう【敢行】悪条件を押し切って行うこと。
 

その後は、鈴木繁友さんとふたりで「雑賀衆」の背旗を付けて
うろつきました。結果、紀州雑賀衆のPRになったかな(^^ゞポリポリ

昨年の京都三条でも「雑賀衆」の旗に注目してくれる方が結構居ました。
ここ奈良でも思いのほか反応してくれる方々が居ました(^^)v

「雑賀衆」を「ざつがしゅう」とか「さいがしゅう」とか聞かれてました。
その都度、「さいかしゅう」と読み、和歌山で雑賀孫市の街として
街おこししてますとちゃっかり宣伝してました(^^ゞポリポリ

この日は、通りは常に人であふれていました。
甲冑武者は、喜んでくれる観光客も居たし十分必要とされてました。

でも和歌山から考えると、僕たち甲冑武者がいなくても
これだけ沢山の人が来てくれる奈良はいいなぁ~と思いました。
和歌山でこれだけ人が来ませんし、何かイベントしたとしても
悲しいかなもっと少ないですね(^_^;トホホ まあ・・がんばるしかないですね(^^ゞポリポリ

 
    少し減ってきた頃だったかな・・天狗屋殿の福島正則の角の間から通りを眺める(笑)

本陣では、一般の方に無料で甲冑を着てもらおうという甲冑体験
コーナーを一海隊長さん、横内副隊長さんが、中心となり実施しました。

甲援隊隊長&副隊長の恒例のポーズで、いよいよ南都甲冑祭も
終わりに近づいてきました。そして甲援隊と雑賀衆の恒例の連帯ポーズ、
今年もやってきましたよ(^^)v(^^)v
 

最後は、大角五人衆が隊長を串刺しにして
THE ENDでした(爆)
  

宴会も参加したかったけど、お酒抜きの宴会はイヤやから(^^ゞポリポリ
和歌山まで運転して帰るので泣く泣く帰路に着きました。

今日は、気軽に一日楽しめましたo(*^▽^*)o~♪
甲援隊さん、どうもありがとうございました。
  


この記事に対するコメント

あ、一海さんがいる~。
私も今年の11月は奈良に行きたかったんです。けど、予定倒れになりました。
皆さん楽しそうです~(^^♪
雑賀衆の読み方は難しいですよね。
【2006/11/28 23:08】 URL | よろし #- [ 編集]


よろしさま
書き込みありがとうございます。
(^-^*)(..*)ウンウン 一海さんやその他立派な甲冑の面々と楽しくやってきました(^^ゞポリポリ
よろしさんも一度奈良にお越しください。
そして、もうひと延ばし紀州までお越しくださいね(^_-)~☆
【2006/12/03 10:54】 URL | 雑賀孫八 #mQop/nM. [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://magoichi.blog9.fc2.com/tb.php/86-229b1df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。